記事一覧

2学期が終了

(うちのクラスみんなで作った「お正月リース」)


今日、うちの学校では2学期の終業式がありました。
長かった2学期も、今日でようやく終了です。
今年は曜日の関係で、冬休みが例年より4日ほど長く、生徒も先生達もうれしそうです。

しかし、私自身は、明日から長い冬休みだという喜びも、あまり湧いてきませんでした。
何だかテンションが上がらないのです。

振り返ると、正直言ってツラいこと、疲れることのほうがずっと多い2学期でした。
このブログにも、これまで色々な思いを書いてきましたが、今学期は心が疲れ果てて、心療内科を受診するはめになりました😢


実は今日の夕方、校長先生から呼ばれ、面談をしていただきました。

校長先生(女性)は、私が最近心身ともに不調で、11月末から心療内科に通っていることも、ご存じです。
また、例の「S先生」による私へのいじめ行為のことも、夏からずっと知っていらっしゃいます。

私の体調を心配してくださったらしく、「最近、調子はどう?」と聞かれました。
色々とお話しながら、校長先生は私の表情を注意深く観察していました。
そして、「この前、貴方と面談した時よりは、顔色が良くなったと思うわ」と言ってくれました。

私自身は、自分の表情の変化なんて分からないのですが、他人から見ると、やはり違いが分かるのでしょうね。

心療内科のお薬が、ようやく効きはじめたのかどうか? それも私には判断できないのですが…。
でも確かに、一番ひどかった時のような「どん底感」は、ここ1週間ほどありません。

このまま回復してくれれば、とは思いますが、自分の過去の経験からも、そう単純にはいかないと分かっています。
気分の「アップダウン」があり、急に抑うつ感が襲ってきたりするのです。


さて、話が逸れましたが、校長先生との面談は30分ほど続きました。
S先生との関係、施設に入っている私の母のこと、そして、来春の人事異動の話など、沢山お話を聞いていただきました。

何かとツラい2学期だったけれど、心配して気にかけてくれる管理職がいるというだけでも本当にありがたいと、しみじみ感じたのでした。


(自分へのご褒美…? 「イタリアン・トマト」のパンプキン・タルト)


さすがに今日は職員室でも、退庁時間がくると、先生方は早々に家路についていました。
私も、取り急ぎすべき仕事は終わったので、いつもよりはかなり早く、学校を出ました。

帰り道にあり、いつも買い物に立ち寄る大型スーパーで、今日はケーキを1つ買いました。
「自分へのご褒美」とよく言いますが、私の場合、「ご褒美」というより、「お疲れさん」という気持ちです。

「今学期、ツラいことにも頑張って耐えたね。お疲れさん」と心の中で自分をねぎらいつつ、帰宅して、ゆっくりケーキをいただきました。

明日からの冬休み、これと言った予定はありません。
ちなみに、去年はクリスマスの日、博多にバレエ(シルヴィ・ギエム引退公演)を観に行くなどしました。
でも、今年は家で静かに「充電」したいと思います。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント