記事一覧

1足とびに「秋」へ…

早いもので、9月ももう半分が終わりましたね。
本当に、時が経つのはあっと言う間です😓

ところで最近、会う人が口を揃えて言うセリフが「9月になった途端、急に秋になっちゃったね~」という言葉。

9月1日は、ちょうど私達が「宿泊学習」から戻ってきた日だったのですが、この夜から急に肌寒い風がザワザワと吹きはじめ、季節は一気に秋へ…。
昼間はまだ暑さも残っていますが、朝晩のヒンヤリ冷たい空気は、まるで10月頃を思わせるのでした。

普通、夏から秋へ移り変わる時って、その間にワンクッションあると思うのですが、今年はそれがなく「一足跳び」に秋が来た…!という感じです🍂


さて、9月頭に「宿泊学習」が何とか終わったと思ったら、マンションの「漏水トラブル」はあるし、一気に体調も悪くなるし、最近落ち着かないというか…😵
書きたいことは色々あるのですが、頭の中が雑然としてまとまらない…😰
なので取りあえず、我が家(実家)の庭の様子を紹介しつつ、近況報告したいと思います。

(座敷から縁側に出ると、すぐ前に咲いている「ノボタン」の花)

うちの庭はこの時期、「紫1色」です。
母が紫の花が好きだったこともあり、見事に紫の花だらけ。
私が子供の時からある「ノボタン」は、ビロードのように艶々した紫色の花びらが特徴。
今、ちょっと花盛りを過ぎましたが、つい先日までは枝にビッシリと花がついていました。

(これも縁側のすぐ前に咲いている紫の花。母に花の名を聞いたら「忘れた」そうです…😰)

(こちらは、たぶん「こぼれ種」で生えたと思われる植物。やはり、名前は不明)

他にも、母も名前を忘れてしまった紫色の花が、庭のあちこちに咲いています。
紫色はキレイだけれど、1色だけだと「お通夜」みたいで、ちょっと寂しい感じですね。

(同じ「紫の花」でも、こちらはとんだ厄介者…! 「琉球アサガオ」と言うそうですが、庭のあらゆる植物に絡みつき、枯らしてしまう「天敵」です😠)


ところで、夏休みに受けた人間ドックで「要・精密検査」の結果をもらってしまい、つい先日(水曜日)病院に行きました。
いきなり、行ったその日に精密検査はできないので、まず診察を受け、検査の予約をして帰りました。
診察してくれたドクターは「まあ、たぶん大丈夫だとは思いますけどね…」と言っていましたが。
でも、検査の結果を聞くまでは、不安なのです。

仕事にはちゃんと行っていますが、身体のダルさは抜けません。
「作業学習」の時間など、立ちどおしの授業は特に辛いです…😵
この体調不良がずっと続くのか、それとも一時的なものなのか、わからないので余計に不安なのです😱



(懐かしい廊下、今はクラス展示の飾りで賑やかでした😊)

話は変わりますが…。
昨日、今の支援学校の前に勤めていた某・普通高校を2年半ぶりに訪れました。
うちの学校とは、橋をひとつ越えればすぐ(車で5分程度)の近さです。
「学校間交流」で、毎年うちの支援学校の生徒達が招かれ、この高校の文化祭を見学するのです。

2年半前の春、思いもかけない急な転勤の辞令でした。
泣きながら荷物をまとめ、後ろ髪を引かれる気持ちでお別れした前任校。
転勤してから半年くらいは、朝晩の通勤時に車窓から見える校舎に、涙が出そうでした…😢

でも、昨日はそれがウソのように、どこか醒めた目で「古巣」を見つめている自分が不思議でした。(もちろん、懐かしさもありましたけど…)
時の流れは、人の心も少しずつ、確実に変えていきますね。


台風18号が接近中の九州。
明日から三連休ですが、どうなるのでしょうか?



にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
スポンサーサイト

コメント

No title

ひとの感情は生物、が私の持論です。今が一番の恋だと思っていてもあとでなんであの人が好きと思ったのかわからない。この気持は永遠と絶対思っても永遠じゃないんですね(^^)

ひみつのあっこ様、コメントありがとうございます。

「人の心はナマモノ」…。
本当に、私もいつもそう思います!
若い時、何年間も苦しんだ恋も、今思うと「なんであんなツマラナイ男を…」という経験、私にもあります😓
でも、自分がその想いに囚われている時は、分からないんですよね。

だから逆に、一生続くかと思われたツラさや悲しさも、時が解決してくれて、人は前に進めるのだと思います。

さて、台風18号は間もなく九州に上陸し、日本を縦断するようです。
大分市は、雨風が激しさを増しています。私の住むマンションは、この前の台風の時、1階に停止していたエレベーターに水が入り、エレベーターが使えなくなりました。
今回も、さっき実家の様子を見に行って帰って来たら、1階の階段下が既に池みたいになっていました。
あっこ様の地域も、用心なさってください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こねこのぴっち

Author:こねこのぴっち
FC2ブログへようこそ!