記事一覧

浴室の漏水トラブル…!②

昨日の朝の続きです…😓

「宿泊学習」から戻った金曜日の晩、あまりの疲れでシャワーも浴びないまま爆睡していた私…。
深夜1時30分、突然鳴り響く玄関チャイムで起こされました。

「こんな時間に、一体何者?」と恐怖におののいて、もちろん玄関は開けませんでしたが…😱
長くなるので結論から言うと、私の部屋の階下の方が、浴室からの「漏水」を知らせたくてチャイムを押したのでした…😵


「怪しいチャイム」で目が覚めた後、浴室の排水溝から水があふれて、洗面所にまで広がっていることに気づき、ガーンという感じでした。

8月31日(木)は、宿泊学習でマンションには不在、当然浴室は使っていません。
そして9月1日も、帰宅後シャワーも使わない
ままうたた寝してしまったので、浴室は使ってないのです。
なのに、排水溝からお湯がなぜ…!?と不思議でした。


でも、思い当たることもありました。
もう1ヶ月以上前から、浴室の排水溝に水を流すと、なかなか水が流れてくれず、停滞してしまうことがあったのです。
浴室と洗面所との間に「敷居」があれば良かったのですが、マンションは「バリアフリー」設計で敷居はなく、浴室からお湯が溢れたら、簡単に洗面所のほうにまで広がる造りになっていたのでした。


その後の展開です。
9月2日の朝、マンション管理会社の方から「お宅の階下の住人から、洗面所に漏水していると苦情があった」と電話がかかりました。
昨夜の「怪しいチャイム」は、下の階の方だったと、ようやく判ったのでした…😰

管理会社の担当者(男性)が来て、一緒に下の階のお宅に謝罪に行き、浴室・洗面所を見せてもらいました。
奥さんが応対してくれました。
水漏れは、一時的なものですぐに止まり、今は漏れてないそうでした。
でも確かに、洗面所の壁には水で濡れた跡のシミが残っています。
「洪水」というほどではないけれど、一時はポタポタと壁を伝って廊下に「水溜まり」ができた、とのお話でした。

階下のご家族とは、普段全く交流はありませんが、エレベーターなどで一緒になり挨拶をしたことはあります。
不幸中の幸い?で、良い方だったので、私への「怒り」ではなく「なぜ漏れたんだろう?」という不安が強いようでした。
月曜日に水道工事の業者を呼び、調査・修繕してもらうことで了解してもらいました。


管理会社の方からは、私の部屋が「加害者」側になるので保険は適用されず、たぶん私は実費を払わねばならないだろう、と言われました😱
土日は、宿泊学習の疲れをゆっくり取るはずが、この「漏水騒ぎ」でそれどころではなくなってしまいました…😢

「一体いくら修繕にかかるの?」と、暗ーい気持ちを抱えつつ、浴室やその周辺の片付けに追われました。(業者さんが来るので…)
「諸悪の根源?」の浴室を掃除し(ただし、漏水の原因がわかるまで極力排水溝には水を流さないように言われた)、排水溝の中にもう一度手を突っ込んで探ると、抜けた髪の毛が沢山詰まっていました…!


9月4日(月)の夕方、業者さんが来て、私の部屋と階下のお宅を同時に調査、浴室の排水溝の詰まり具合などを確認しました。
排水が流れる水道管は、傷んだり漏れたりはしてないようです、と言われ、少しホッとしました。
ただ、やはり排水溝の奥まで抜け毛などが詰まって水がうまく流れなくなり、あの晩も水が逆流してきたのだろう、という話でした。

あの日初めてではなく、今までも何度も水が洗面所のほうにまで染みだし、それが積もり積もって、階下の壁にまで漏れたのだろう、と言われました。

私がいつもキレイに浴室や洗面所を掃除していれば、防げたかもしれない漏水…。
でも、去年の秋くらいからは、一時「うつ状態」に陥ったのをきっかけに、片付けするのも億劫になり、洗面所にも雑然と物を積んでいたのです😱
浴室から水があふれ、洗面所にまで浸水していても、すぐに気づけない状態だったのでした。


調査を終えて、管理会社の方が心配していたほど大規模なダメージはなかったものの、階下のお宅は洗面所の壁紙を張り替えるとかするらしいので、また今度業者が来るそうです。

今回いくら請求が来るのか、正確な金額はまだわかりませんが、業者さんの見積りでは、何とか私が払える金額で済みそうです。(ウン十万円とか請求されても、急には払えない…!)
階下の方には保険が適用されるそうで、その点もホッとしました。
「自業自得」という言葉では済まされないマンションの漏水事故。
私も今回、大いに反省したのでした…。
この数日間でドッと疲れました😥


共同住宅にお住まいの方は、私のようにならないように気をつけてくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント