記事一覧

平岳大さん、「徹子の部屋」に出演!

ずっと前から、私の好きな俳優さん(男性)何人かについて、このブログにも書きたいと思っていましたが、なかなか機会がありませんでした。

しかし、今日の「徹子の部屋」は、あの「平岳大さん」がゲスト!と知って、すぐに「録画予約」をしました。
今日は人間ドックで病院に行く日だったので、帰宅してから録画しておいた「徹子の部屋」を観ました。

(今日放送の「徹子の部屋」に出演した、俳優の平岳大さん)


俳優・平岳大(ひら たけひろ)さんの顔と名前は、もう随分広く知られていると思いますが、中には「えっと、誰だっけ?」という方もいるかも知れません。


平岳大さんは、昨年亡くなった名優・平幹二朗さんと、大女優・佐久間良子さんとの間に生まれた息子さんです。(御両親は離婚されています)
最初から役者を目指していたわけではなく、アメリカの大学で学んだり、帰国して何年かは一般企業で働いたりした後、27歳で役者を志したといいます。
一般的に見たら、遅いスタートですよね。

大物俳優夫婦から生まれた「サラブレッド」として演劇界でも注目を集める存在となり、少しずつ頭角を現していきました。
平さん御自身は、以前何かのインタビューで話していましたが、「親の七光りだ」と言われることが嫌で、遅いスタートを取り戻すように役者修業に励んだそうです。

(大の「猫好き」としても知られる平さん。2匹の愛猫について語らせたら止まらない…?)


ですが、私が「平岳大さんって、いいな❤」と初めて思ったのは、数年前にゲスト出演された「土曜マルシェ」という番組(NHK)を見た時です。

この番組の中で平さんは、2匹の愛猫と暮らす自宅の様子を撮影し、紹介していました。

愛猫のうち1匹は「サンダー」という雄猫で、名前の由来は、浅草「雷門」近くでホームレスのおじさんから譲り受けたから、という運命的な?出会いの猫ちゃん。
もう1匹は「さもん」という、これまたユニークな名前の雌猫で、NHKのドラマ撮影現場で拾ったそうです。
そのドラマ(時代劇)の、平さんの役名から名付けたのだとか…😅

番組の中で、2匹の猫達について語る平さんの表情からは、溢れる「猫愛」が感じられ、私の中で平さんは一気に「ポイント急上昇!」したのでした❤😅

(昨年、急逝した平幹二朗さんとの、父子ツーショット写真)


また、平岳大さんは多才な方でもあります。
様々なことに興味を持ち、1度始めたら「とことんハマる」タイプのようです。
例えば、ある舞台出演がきっかけで「フラメンコ」に興味を持ち、本格的に習いはじめ、今ではプロ級の踊りを披露されています。

そのフラメンコのご縁もあり、昨年度はNHKの「スペイン語講座」にも1年間出演されましたよね。(今年も再放送が流れていますが)

自分の仕事一筋に生きる男性もカッコいいですが、様々なことに好奇心を抱き、挑戦する多才な人、私は好きです。(芸能界には多いですね)


順調にキャリアを重ねていた平さんですが、昨年の秋、父の幹二朗さんが急逝、という悲しい出来事がありました。


今日の「徹子の部屋」でも、お父様が亡くなる前後のお話をされていました。
御両親が離婚した後は、母の佐久間さんに育てられた平さん(妹さんと一緒に)。
お父様の幹二朗さんとは、岳大さんが役者になって初めて、色々な話をしたり、長い時間を共に過ごしたりするようになったそうです。

お父様が急逝される前日は、平さんの妹さんが出産されたので、その赤ちゃんを見に家族で集まり、楽しいひとときを過ごしたのだといいます。
司会の徹子さんも、「お父様、きっと幸せだったと思うわよ」とコメントしていました。

(平幹二朗さんと、大女優・佐久間良子さんの息子である岳大さん)

昨年夏には、ついに平さんも御結婚されました。(お相手は、同い年の一般女性とのこと)
そして、この夏話題の大作映画「関ヶ原」にも出演と、今の息子さんの「順風満帆」ぶりを、幹二朗さんもあの世で喜んでいるでしょうね。

(テレビ番組でも、2匹の猫達への想いを熱く語る平さん😄)

そう言えば、つい先月放送された「世界・ふしぎ発見!」猫特集の回にも、平さんはゲスト出演され、2匹の愛猫について語っていましたね。

「さもん」ちゃんは人の言葉を話すのだ、と言ってその動画を一同に紹介する平さん…。
皆からは「え~? どこが喋ってんの!?」とツッコまれても、「いやいや、ホラ、ちゃんと喋ってますよ!」と言い張る平さんが可愛くて、一層
ファンになったのでした💕

(昨年、父の幹二朗さんが急逝、葬儀での岳大さん)

以前、ある方のブログでも平岳大さんについて触れていたことがあったのですが、「お父様の幹二朗さんには主役のオーラがあったけど、岳大さんはちょっとその点では弱い、だから主役は難しいのでは…」という内容でした。

でも、岳大さんと幹二朗さんは、顔はよく似ているけれど、役者としてのタイプが全く違うのだと思います。
お父様の幹二朗さんは、確かに「眼力」も凄いし、「みんな、俺を見ろ!」みたいな、どこかギラギラしたオーラを感じたけれど、言い換えたらちょっと近寄りがたい感じでした。

一方、息子の岳大さんは、もっとソフトで親しみやすい感じがします。
1度は「一般人」として働いた経験なども関係しているのかも知れませんが…。
演技も大げさではなく自然体だけれど、どこかに劣等感とか、はかなさとか、そうした人間の弱い部分も感じさせる点が、私は好きです。

だから、お父様とはまた違うタイプの主役、「いかにも」ではない、哀しみを抱えたヒーロー像を演じられのではないかと、期待しているのです。

(舞台の共演者達から、サプライズの誕生日祝い)

(8月26日公開の話題作「関ヶ原」にも出演している平さん。私も観に行きたいです😌)

間もなく公開の映画「関ヶ原」、もともと「歴史もの」が好きな私は、大好きな平さんも出演と聞いて、ますます観たい気持ちが高まっています。
平さんが、どんな戦国武将を演じるのか、楽しみです😌


27歳で役者デビューという、遅咲きの俳優・平岳大さん、これからも応援していきたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント