記事一覧

テンちゃん、無事に帰還!

前回の記事にも書きましたが、ずっと我が家(実家)に戻らなくなっていた猫・テンちゃん(3歳半、オス)が、昨日の朝、帰還しました!
ちょうど2週間ぶりの帰宅、ケガもなく元気です😢

実は、この3日間ほどで色々と展開がありました。
先週の火曜と水曜、放課後の1時間ずつ有休をもらい、ご近所に「尋ね猫」のビラを配って回りました。
その中で、水曜日の夕方、親切に応対してくれた初老のご夫婦が「この写真に似た猫、時々見るよ」との耳寄り情報を教えてくれたのです。

我が家の前の細い私道を、200メートルほど南に進むと、昔からあるローカルな公園に突き当たります。
テンちゃんは、外に遊びに出ると、すぐに走ってこの公園の方面に向かっていたのでした。


その親切なご夫婦宅の斜め向かいに、「猫好き」でよく色々な猫が集まるという「Kさん宅」があり、テンちゃんは、よくここに現れるというのです。
しかもそのエリアは、例の公園からすぐの場所でした。
しかしこの日は、当のKさんはお留守で、ビラをポストに入れて帰ったのでした。

翌日(木曜日)の早朝、私のマンションに「留守電」が入っていました。
「昨日、探されてた猫ちゃん、今、うちのお向かいの玄関にいますよ」
前の日に情報をくれた親切な老夫婦の奥さんでした。
渡したビラに書いた、私のマンションの電話番号を見て、電話してくれたのです。
しかし私はその時間帯、ちょうど実家に向かっていて、留守電を聞いたのは帰宅してから…。
残念な「行き違い」でした。

その日の夕方、仕事から急いで帰宅し、Kさんのお宅に行ってみましたが、テンちゃんの姿はなく…。
ベルを押すと、初対面のKさんの奥さんが出てこられました。
「先日、ビラを入れた者ですが…」と言うと、奥さんはすぐに「ああ」という顔になりました。
奥さんにお話を聞くと、テンちゃんは間違いなくこのお宅の前によく現れることが分かりました。
大体いつも朝、やって来るそうです。
Kさん宅にいる猫と「友達」なのか(?)、その子と一緒にいることが多いそうでした。

奥さんは「自分には捕まらないので、いつでも好きな時に探しにいらしてください」と言ってくれました。
とにかく、テンちゃんは生きていることがわかり、それだけでも心から安堵したのでした…😢

(昨日、2週間ぶりに戻ってきたテンちゃん。今朝、トラ兄ちゃんとスリスリしあう姿)


そして、昨日(金曜日)の朝、激しい雷雨がひとしきり降った後、急に雨がやんで辺りが明るくなりました。
私が実家の前の道にゴミ出しに行き、ふと公園の方角を見ると、何やら「白い塊」がこちらに向かってきます。
ハッとして「テンちゃん…!」と呼ぶと、彼も「お母ちゃんだ!」と気づき、「ニャオウ~! ニャッ! ニャッ!」と鳴きながら走ってきました。

まだ早朝なので、ご近所の手前、大声を出せませんが、「アンタ、どんだけ心配したと思っちょんの…!?」と言いながらハグしてあげました。


ちょうど2週間ぶりに抱っこしたテンちゃん。ケガもなく、変わらず丸々としています。
私の心配などよそに、抱っこされてご機嫌な時、いつもするように、前足をグーパーしながらゴロゴロ言い始めたのでした。

(トラ兄ちゃんをペロペロと「毛繕い」してあげるテンちゃん。いつもの見慣れた光景)

(これも今朝のテンちゃん。風通しのよい廊下の電話台に上って、休憩中)


私はすぐに出勤しないといけないので、とり急ぎ、家の中に入れて「猫用出入り口」を閉め、ご飯をあげました。
トラちゃんも、何だか嬉しそうです。
「お前、やっと戻ったのか~」と言わんばかりに、テンちゃんの身体の匂いをクンクンしたり、そっと顔を舐めてあげたりしていました。

ちょっと可哀想ですが、テンちゃんはしばらく「外出禁止」にしようと思っています。
この2週間、心配のあまり仕事も手につかない心境だったので…。

お世話になった方々にも、また改めてお礼に伺おうと思います。
今回の「捜索」を通じて、自分の近所にどんな方達が住んでいるのか、少し知ることができました。
意地悪なオバサマばかりでなく、親切な人も結構いるんだな、と嬉しくなりました。
また、私と同じように「猫好き」の方もいるのですね。これまで、ご近所の方とはほとんど交流がなかったのです。
またこれから、お世話になる機会もあるでしょう。

ともあれ、私を散々心配させてくれた「放蕩息子」は、無事でした。
ブログを読んで、気にかけてくださった方もいるかもしれません。
お騒がせいたしました😫


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こねこのぴっち

Author:こねこのぴっち
FC2ブログへようこそ!