記事一覧

疲れる毎日

このところ、連日の「運動会練習」や、その他諸々の仕事で疲弊しきっている自分…。
本当は、夜時間が取れる時に、じっくりブログ更新したいのですが、自宅(マンション)に帰りつくと、もう目が半分閉じかけている状態…。

いや、自宅に帰りついていれば、人様に迷惑は掛からないのでまだマシなのですが…。

最近は、帰り道に寄ったコンビニやディスカウント店の駐車場で、そのまま爆睡し(車中で)2時間くらい経過、ということも何度かあり、さすがにマズイと自覚しているところです。
(コンビニの店員さんも、遠くから「あのオバサン、車中で死んでるんじゃ…?」とか思って見てたかも…😱)

突然、夏のような暑さになったこの数日のお天気も、さらに疲れを増幅させていると思いますが…。
それにしても、こんなに身体がダルくてきついのは、本当に「運動会練習」と仕事疲れのせいだけなんだろうか?と、不安になってきています。

年齢的には「更年期障害」の症状が出て当然、の歳ですものね。


あと、精神的な疲れで言うと、以前「反面教師」というタイトルの記事に登場したW先生(女性)、新学期になってからますますパワーアップしてきています。

詳しくは書けませんが、今年彼女は、私のような「ヒラの教員」を指導しつつ、教頭の仕事のお手伝いもするという、名誉なポジションに就きました。
しかし、W先生の我々「ヒラ教員」への指導はもはや「管理統制」に近く、「○○の授業の時に貴方が居なかった理由を、ちゃんと紙に書いて私に提出してちょうだい」という感じです。

もちろん、生徒を放り出して、その場に教員が誰も居なくなるのは許されないことで、私達も同じ学年、同じクラス担任同士で協力しあい、助けあってやっているのです。

ただ仕事上、どうしても緊急にFAXを送らないといけないとか、急な用事で職員室に戻ることもあります。(自分とペアの先生にちゃんと頼んで、です。だからこそ、1クラスに最低2人は担任がいるわけで)
しかし、W先生には、それが気に食わないのですね。
「なんでアナタ、ここに居るわけ?」と言わんばかりの顔で、こちらをじっと凝視しています。

そんなことばかり言いながら、何か「指導する」ネタはないかと目を光らせ、職員室中を動き回っている彼女を、他の教員達は冷ややかな目で見ています。
しかし、ご本人だけそれに全然気づかない…。
やはり、色々な意味でスゴイ方です…😱
最近は、彼女に聞こえない場所で、皆さん愚痴や怒りを吐き出していますけど…。
(そのうち、反乱でも起きなきゃいいのですけどね)


「前置き」のつもりで最近の愚痴を書いていたら、長くなってしまいました…😫
本当に書こうとした話題は、また今度にしたいと思います。

働くシニア女性の皆さん、お互いに色々と大変ですが、今日も1日乗りきりましょう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント