記事一覧

お彼岸の墓参り・花と猫

昨日は午後から雨が降りましたが、今日の大分市は、朝から春らしいポカポカ陽気となりました。
我が家(実家)の猫さん達も、思い思いに家を出たり入ったりして、春の日々を楽しんでいるようです。(すっかり暖かくなったので、昨日から自由に外に出しています)

さて、今日の午前中は、彼岸のお墓参りに行きました。(「彼岸の入り」は、今年は17日だったそうですが…)

(父の墓前に供えたお花)


我が家のお墓は、実家から近い所にあります。
この墓地があるのは、大分市の街並みが一望できるとても眺めの良い高台です。

母がこのお墓(の土地)を買ったのは、全くの偶然でした。
父が亡くなって2年ほどが経過し、母も「そろそろお墓をちゃんと建てて、お父さんの遺骨を納めないと…」と焦りはじめていました。
どこかに安価で良い墓地はないかと、母があちこち探し歩いていた時です。
本当に偶然、道を聞いた一人のオジサンが、所有している墓地用の土地を売りたがっていることを知ったのです。

こうして、思いがけない不思議な成り行きで、母は我が家の墓地を手に入れたのでした。(私は詳しく知りませんが、だいぶ安くしてくれたようです)
後で母とその話になると、「犬も歩けば棒にあたるって言うけど、本当だね~」と笑い合ったものです。

(これは3月12日に撮影。春の庭を満喫しているトラちゃん。彼の隣に咲いているのが「ムラサキハナナ」)

(玄関脇の白木蓮、おとといくらいから開花し始めました🌼)


この墓地は山の上に作られていて、周りは多くの自然に囲まれています。
季節の花が咲き、春はウグイスの鳴き声が聞こえ、夏は爽やかな風が吹く、本当に素敵な場所です。(冬は風が強くて寒いですが…😓)

いつも、父の墓参りのために、わざわざ花屋で高価なお花を買うことはありません。
実家の庭に咲いている花を摘んでお供えします。そのほうが、父も喜ぶはずですから…。(写真1枚目)

見回すと、地元の人達でしょうか? 私の他にも何組かの家族連れが、お墓参りに訪れていました。
父の墓から見下ろすと、私も昔通った小学校や、母が以前入所していた老人介護施設が下に見え、ほっこりした気持ちになります。
また、墓地のすぐ隣には立派な「障がい者福祉施設」の建物があり、私も生徒の巡回指導で訪れたことがあります。

父のお墓に花を供え、お線香をあげた後、ほっと一息、大分市の街並みを見渡しました。
穏やかな春の日差しが気持ちよく、辺りは静かで平和な空気に満ちています。
何だか、余計なことを全て忘れて、ここで一人、ずっとボーッとしていたいな、なんて思ってしまいました。

(これは昨日の写真。ムラサキハナナと菜の花が競うように咲き乱れる中、よく見ると「三本足のドンちゃん」が寝ていました…😅)


自分もいつかはこの墓地に入るのだろうな、と頭の隅にあっても、今まで実感はほとんどありませんでした。
しかし、自分の年齢を考えたら、そんな日が来るのも遠い未来ではないのでした。
ただし、自分がここに入った後、お墓参りに来たり、お墓を守ったりしてくれる人はいない訳ですが…。
お墓参りに行って、何だか色々なことを考えてしまいました。


では、春が訪れた実家の庭の様子と、猫さん達の写真もアップしてみました。

皆さんも、残りの三連休、楽しくお過ごし下さい。

(冒険好きで甘えん坊のテンちゃん。外に出してもらい、庭で私に何か話しかけています😅)



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント